Reporter

うっちー Original

はまちゃん Original

参加者との距離感が近いので、地域の人とも交流しやすい

港南台の街が楽しくなるさまざまな企画がある

港南台を深く知ることができる

「港南台タウンカフェ」さんのスパイスを体験しに行ってきました!

港南台タウンカフェは、株式会社イータウンが商店会や市民活動団体と協働で運営するコミュニティカフェです。「caféからはじまるおもしろまちづくり」を理念に、港南台のまちづくりの発信基地として、カフェの運営のほか、地域情報サイトの作成やイベントの企画・運営などを、地域の有志や団体と連携して行っています。

今回は、毎月第3金曜日に開催される「まちサロン in cafe」の活動に参加してきました。


活動体験日は、月に1度実施している「まちサロン in cafe」というイベントでした。この「まちサロン in café」は、夜もお店をオープンして、地域の人や常連のお客さんたちが交流する機会をつくっています。毎回テーマを設定し、ゲストを招いて趣味などの話をしたり、楽器の演奏を参加者も一緒に楽しんだりしています。

3月のテーマは、「震災から4年 三陸の想い」と題して、代表の斎藤さんが復興支援として30回以上訪ねた岩手県大槌町の現状と、活動を通した地元の人々との交流などのお話をされました。

壁面のギャラリーには、これまでの活動の様子をまとめた写真展が。

準備からお手伝いをするため、17:00にお店を訪ねました。挨拶を終えた後、当日のスケジュール説明を受けました。

17:30から準備開始。今回の参加者は、およそ20人。この日は大槌町で作られた日本酒や海産物をたしなみながら交流するという趣旨のため、スタッフの方と一緒に、人数分のおつまみセットの準備をしました。

大槌町で作られた、のしイカやコイワシの乾物は、商品の封を開けると、おいしそうなにおいが漂いました!

参加予定分の準備完了!急遽の参加も可能なので、想定よりも多くの方が来場する場合も想定されます。一緒に準備を行ったスタッフの方は会が始まると別の役割があるので、手際を知った私は、用意したおつまみが足りなくなった時の「緊急おつまみセット作り係」に任命されました。

テーブルやプロジェクターの設置、資料の用意を終えると、徐々に人が集まり始めました。18:30にまちサロンがスタート。金曜日の夜なので、仕事終わりに遅れて参加する人もいるので、受付の補助を手伝いながら、斎藤さんの話を聞いていました。

会の途中には、日本酒や塩辛を各テーブルに配り、どれも大好評!私も少しいただきましたが、塩辛は濃厚でとても美味しかったです!

今回のまちサロンのテーマは被災地支援ということで、地元の方だけでなく、県外から話を聞きに来られた方もいらっしゃいました。生活地域を越えて、こうした人との繋がりが生まれることも、コミュニティカフェの持つ役割の一つなのかな、と思いました。

  • 3
    Reputation 00
  • 4
    Reputation 01
  • 4
    Reputation 02

レポーターの声

Original

うっちー

15.03.20 [Fri]

入ってみたらこんなトコだった!

私は以前、港南台駅の近くに住んでいました。駅の近くにある港南台タウンカフェは、営業しているのは知っていて、目の前を通ったことも何度となくありましたが、店内に足を運んだことはありませんでした。何故か??と振り返っても、特に理由は思い当たりません。きっと、何となくチェーン店のコーヒーショップを選んでいたんだろうな、と思います。
さて、ご縁をいただいて初めて店内へ!第一印象では、常連のお客さんと店員さんが和やかに会話をしている様子が、普段利用するカフェにはない、温かみがある雰囲気だな、と感じました。受付の補助をしている際も、来店したお客さんに、「○○さん、お久しぶり!」など、名前で声をかけているのが、私的には大好きです!
私が受け持った役割は、大槌町の特産品を盛り合わせたおつまみセットの盛り付けと提供です。海の香りが芳醇な乾物は、同じく用意された日本酒と良く合うようで、お客さんにも好評です。お土産で干しイワシを購入し、帰宅してから食べましたが、思った通りの美味!日本にはまだまだ知らないものがたくさんあるんだな~。
今回は、毎月1回開催する夜営業のスタッフとしての参加でしたが、他にも港南台タウンカフェを拠点として、地域の人を繋げ、地域を楽しくするさまざまな取り組みを行っているそうです。裏方として活動するのは好きなので、またお手伝いしたいと思います。

私的には 系でした

Original

はまちゃん

15.03.20 [Fri]

様々な形で関わることが出来ます!

港南台タウンカフェでは、1年間を通し様々な活動に関わることが出来ます。
港南台に住んでいる方だけでなく、様々なところから人が集まっています。私も港南台には住んでいませんでしたが、タウンカフェと関わるうちに、港南台を知り、そしていろいろな人、活動に出会うことが出来ました。地域と関わりたい!地域について考えてみたい!という方にお勧めです。
私が参加したことのある活動を2つ紹介します!
【港南台テント村:ガッツリ系】
月に一回行われるフリーマーケット中心の地域交流イベントです。朝から気持ちのいい汗をかき、フリーマーケット運営のお手伝いをします。子どもが店長をする「キッズフリマ」、うまいもんが集まる「うまいもんまつり」のイベントも開催されます。
【キャンドルナイトin港南台:マッタリ系】
http://www.town-cafe.jp/kounandai/event/candlenight/
たまごの殻を使って作られた、たまごキャンドル。一つ一つ手作りで、やさしいあたたかい光に心癒されます。キャンドルナイト実行委員に参加するもよし、当日の運営に参加するもよし、たまごキャンドル作りのワークショップに参加するもよし!です!

私的には 系でした

一日の流れ

Clock
17:00

集合・オリエンテーション

17:30

会場準備 テーブルのセッティングやおつまみの準備

18:00

受付

18:30

まちサロン開始 受付の対応、飲み物等おかわりの準備

20:00

まちサロン終了 後片付け ミーティング

21:00

解散

Schedule allow

参加可能プラン

・港南台テント村(フリマ・イベント等)企画運営
・カフェサロン・小箱ショップ運営
・市民レポーター(かわら版・ころBOX、街発見レポートの取材・企画など)
・キャンドルナイトin港南台や、港南台国際協力まつりなど市民活動イベント等の企画や運営など
・タウンカフェの夜間営業:まちサロン、もっと×2交流ステーション
チラシ

団体名: 港南台タウンカフェ
代表者: 斎藤 保
所在地: 横浜市港南区港南台4-17-22 ブックスキタミ2F
ホームページ: http://www.town-cafe.jp/kounandai/index.html
立ち上げ経緯:

港南台タウンカフェの運営
まちの交流イベント
まちの情報事務局

Entry off