Reporter

すみれ Original

たくさんの子どもたちと遊べて癒される!

子育て中のお母さんやスタッフとの交流がたくさんできる!

現代の子育て事情を直に知ることが出来る!

「NPO法人 びーのびーの」さんのスパイスを体験しに行ってきました!

活動時間は9:30~16:00。がっつり活動することができます。

まず広場が開く9時半からの30分は、利用者が少ないので広場の受け入れ準備をします。

10時を過ぎると少しずつ子供たちとお母さんたちがやってきます!笑顔で出迎えて、子どもたちと一緒に遊ぶことが私たちの主なお仕事です。



商店街に面していて外遊びもできるので、シャボン玉や三輪車、ボール遊びなどをして遊びます。基本みんな外遊びが大好きで、素敵な笑顔をたくさん見せてくれます!



12時からは大きな机を囲んでみんなでお昼を食べます。1人で食べられる子もいれば、そうでない子もいるのでサポートしながら楽しく食べます!

午後からもみんな思い思いに遊び15時半には広場を閉め清掃・片づけをします。

子どもたちが帰っていったあとは、スタッフたちと今日のひろばの様子や出来事についての報告をし、次回の活動につなげていきます。

振り返りが終わればその日の活動は終了です!

  • 0
    Reputation 00
  • 0
    Reputation 01
  • 0
    Reputation 02

レポーターの声

Original

すみれ

16.09.13 [Tue]

育ててくれてありがとうと思えた

びーのびーのでの活動は子供たちだけでなく、生まれたての赤ちゃんから子供たちの成長を見守る大人の方々までたくさんの人たちと触れ合うことのできる良い機会になりました。
なんといってもびーのびーののスタッフさん達が優しく明るいので、いつもリラックスして楽しく活動することが出来たと思います。スタッフさん達にはほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。
また、子どもが大好き!!という人にとってはとても素敵な経験ができる場所だと思いました。子どもたちとの距離がだんだん縮まり笑顔をみせてくれた時は何よりも嬉しかったです。そんな素敵な体験が、びーのびーので出来たと思います。 
活動を終え、自分の中で変わったなと思うことは主に2つあります。
活動を通して、予想以上にこどもはたくさんのことを一生懸命考えていたり、健気だったりすることが多いんだということに気が付きました。また、母親をサポートする場所や周りの人たちの力がどれだけ母親にとって大切なのかにも気づくことが出来ました。それと同時に、自分の母親対して「ここまで育ててくれてありがとう」という感謝の気持ちを抱くことが出来ました。

わたし的には 系でした

一日の流れ

Clock
9:30

ひろばの開館

こどもたちと一緒に遊ぶ!

12:00

お昼

子どもたちのサポートも行います!

15:30

ひろばが閉館

片付け、振り返り

Schedule allow

参加可能プラン

ボランティア随時募集中!

びーのびーのに問い合わせをしたあとにボランティア登録をする

団体名: NPO法人 びーのびーの
代表者: 奥山 千鶴子
所在地: 横浜市港北区篠原北1-2-18
ホームページ: http://www.bi-no.org/
主な活動:

今、子育てをめぐるさまざまな問題は、当事者である親だけががんばっても解決できないところまできています。
子育てが、大家族・隣近所・親戚などたくさんの人の見守りの中で育まれてきた時代と違って、現在は意図的に社会で支える仕組みが必要です。
そのひとつの試みが「ひろば型」子育て支援です。
私たちは、「おやこの広場びーのびーの」の運営を中心に、横浜市港北区で「地域で共に育ち合う子育て環境づくり」を目ざして活動しています。

Entry off