Reporter

はまちゃん Original

ももすけ Original

解放された自由な遊び場で子どもと一緒になって楽しむことが出来る!

お母さんやお父さん、地域のボランティアさんともお話しが出来る!

走り回って、泥んこになって、目一杯遊ぶことが出来る!

「港南台生き生きプレイパーク」さんのスパイスを体験しに行ってきました!

「港南台生き生きプレイパーク」は、子ども達が自由にのびのびと遊べるように、地域住民が開催している遊び場です。ここでは『自分の責任で自由に遊ぶ』という考えを基本に、子ども達が自分の『思い』でいろいろなことにチャレンジして楽しく遊べるように工夫しています。今回はそんな「港南台生き生きプレイパーク」の一日体験をしてきました!


プレイパークは、JR京浜東北線・根岸線の港南台駅から徒歩10分の港南台中央公園の中にあります。
活動当日は、沢山動き回るので、動きやすく汚れても良い格好にしました。

プレイリーダーの方から説明を受け、少しずつ遊具を出して、子どもたちが来るのを待ちます。

公園の中には竹林があり、プレイパークの日だけ中に入ることが出来ます。ブランコや、滑り台、秘密基地…私たちも子どもたちが来る前についつい楽しんでしまいました。

お昼近くになり子どもたちが集まってくると、竹林の中で鬼ごっこをしたり、けん玉で競ったり、大縄でひたすら八の字跳びをしたり・・
子どもたちは様々な遊びを繰り広げていました!
さらに、子どもたちが思いっきり遊べるだけでなく、お父さんたちも子どもより真剣に遊んでいたり、お母さんたちは焚火を囲んで休みながらおしゃべりをしていました。そんな親子で楽しめる空間作りがとても印象的でした!

沢山遊んで夕方になってくると子どもたちも少しずつ帰り始めるので、子どもたちが使っていない遊具から少しずつ片付けていきます。

最後は、公園の中に遊具や落とし物がないか点検して、活動終了です!

  • 3
    Reputation 00
  • 4
    Reputation 01
  • 3
    Reputation 02

レポーターの声

Original

はまちゃん

15.02.01 [Sun]

みんながのびのびと遊べる

「綱引きやるよ~」と子どもや大人の間を綱を持って練り歩く男の子がいました。すると大人も子どもも混ざって綱引き大会が始まります。
ボランティアに来た若者には「子どもは自由に遊んでいいんだということを知ってほしい」と代表の岡野さん。その言葉の通り、子ども、そして大人もみんなで自由に遊んでいるところが印象的でした。また、またここに来ることで、地域に学校以外の友達が増えたり他学年の友達と遊んだり、地域のボランティアさんとの関わりが生まれます。新しい遊びを生み出したり、昔の遊びを教えてもらったり、プレイパークは子どもたちにとってとても刺激の多い場所なのではないかと思いました。
社会人になってから初めて子どもたちと1日中思いっきり遊びました。次の日は筋肉痛となりましたが、竹林を走り回ったり、大縄をしたり、懐かしい遊びをしたりとても楽しかったです。

私的には 系でした

Original

ももすけ

15.02.01 [Sun]

お母さんの「ほっ」とできる場所。

体験活動の合間に代表の岡野さんにお話を伺ったときに、「親子の距離がちょうど良くなる」という言葉が印象的でした。プレイパークは子どもが自由に遊べる場であると同時に、お母さんが子どもとの間にちょっと距離を置くことによって、子どもの行動に介入し過ぎることなく見守りながら他のお母さんたちと話をしたりできるので、お母さんにとっても安心して過ごすことが出来る場所なんだなぁと感じました。
プレイパークでは子どもと遊ぶ気満々で来たのですが、一緒に来ているお母さんやお父さんとも一緒にお話して遊ぶことが出来たのは嬉しかったです。プレイパークのように、年齢関係なくみんなが好きなように遊んでお話できる空間って実は今、あまりないのかなって思います。
竹林に作られた秘密基地に、空中ブランコ。そんな大人でもわくわくしちゃう空間で久しぶりに体中痛くなるまで思いっきり子どもたちと遊んで、子どもたちの仲間に入れてもらうことが出来て、とても楽しかったです!

私的には 系でした

一日の流れ

Clock
9:45

現地集合

活動内容・注意事項などの説明・遊具の準備

10:00

体験活動開始

公園に遊びに来る子どもたちの様子を見ながら、一緒に遊びます

12:00

お昼休憩

駅の近くのパン屋さんで一息

13:00

午後の体験活動開始

午前と同様、子ども達と遊びまくります

16:30

片付け開始

子ども達が使っていない遊具を少しずつ片付けていきます

17:00

終わり

17:30

解散

Schedule allow

参加可能プラン

活動への参加の仕方

プレイパークの開催日はホームページに掲載されています。開催日に直接来て、雰囲気を感じてください。

団体名: 港南台生き生きプレイパーク
代表者: 岡野 富茂子
所在地: 横浜市港南区港南台3-5-1 港南台中央公園
ホームページ: http://ikiiki-playpark.jimdo.com/
主な活動:

プレイパーク

立ち上げ経緯:

ひと昔前までは、原っぱや空き地など、子どもが自由に遊ぶ場が身近な生活空間にたくさんありました。しかし、今は自然や空地がなくなり、子どもの遊びを大らかに見守る地域の大人たちの関係も希薄になり、のびのびと遊べる場が減ってしまいました。港南台生き生きプレイパークは、「子ども達の“やりたい”が発揮できるような自由な遊び場を作っていこう」と地域の住民が始めた活動です。

Entry off