Reporter

S Original

M2 Original

M Original

アジアの子ども達の現状を知り、自分たちの生活を見直すことができる

国際協力に関して理解が深まる

自分の意見を積極的に言えるようになる!

「認定NPO法人 地球市民ACTかながわ/TPAK」さんのスパイスを体験しに行ってきました!

2016年9月、活動に参加している学生を中心にボランティアを行いました。夏休みの活動ということもあり、事務所にはたくさんの学生が集まりました。

TPAKでの活動は、11時の掃除から始まります。具体的には、事務局のキッチン、洗面台の掃除、掃除機がけなどです。

それはTPAKは海外で衛生教育も行っているため国内のボランティアにも衛生に関する意識を持ってもらうためです。

掃除が終わり次第、活動内容・担当の割り振りの確認をするミーティングを行いました。

11時半頃、それぞれの国際協力に関するオフィスワークや、啓発とファンドレイジングのためのイベント準備、世界に届けるエコたわしの整理などのボランティアワークに取りかかります。


写真:イベント準備の様子


この日の午前中は、翌日のイベント「ゆめ観音アジアフェスティバル in大船」に向けての準備を行いました。

準備の内容としては、翌日のイベントで販売するタイ・ミャンマー・インドから届いたフェアトレード品(バッグ・アクセサリー・ストラップ等)の値段の確認、整理を行いました。

13時、お昼ご飯の時間です。この時間では、「夏休み何してる?」「普段の学生生活はどう過ごしてる?」などの軽い内容から、スタッフさんが活動地域で実際に体験されたお話を、伺うことができました。


写真:タイ人ボランティアさんにおいしいタイ料理を頂いた


14時、午後の活動スタート!

午前からの仕事が終わり次第、フェアトレード品の1つである、カエルの形をした楽器の仕上げとして磨き作業を行いました。この楽器は、磨くとカエルの声のような優しい音がする事から、みんなに「癒しカエル」と呼ばれています。


写真:タイで手作りされたカエルの楽器


16時15分勉強会&ティータイム

「私たちは世界で起きている真実を知る必要がある。学生にも視野を広げ、今後の人生に生かしてほしい」という事務局長の考えのもと、時々映像を見て感想を共有し合う勉強会を行います。

この日はウルグアイのムヒカ大統領のリオでのスピーチを見ました。その後、お菓子を食べ、リラックスをしながらも積極的な意見交換が行われました!

ティータイムはお昼に比べ、かたい内容を話すことが多いのですが、この日は、朝に北朝鮮のミサイルが発射されたというニュースから、北朝鮮をめぐる現在の状況を改善するにはどうするべきかを考え、全員で共有しました!

18時頃解散!お疲れ様でした!

  • 3
    Reputation 00
  • 3
    Reputation 01
  • 3
    Reputation 02

レポーターの声

Original

S

16.08.26 [Fri]

色んな人の考え方を知れた!

TPAKさんでの活動の合間にある、お昼ご飯の時間が私にとって一番貴重な時間でした。なぜなら、活動をしていなければ出会うことのなかったスタッフさんのお話を、ゆっくりと聴くことが出来るからです。
スタッフさんのお話は、実際に現地に赴き、そこで感じたことや思ったことを生で聞くことが出来るので、本当に貴重なことだと思います。そこで得た知識や考え方を、私なりにアレンジし、今後活かせればいいなと思います。
以前は、身近にできる国際協力ってなんだろう?と疑問に感じていましたが、活動が始まってみると多岐にわたるボランティアワークや、タイに住む子供たちが学校に行きたくても行けない現状を知る事で、自分にも何かできることはないかと考えるようになりました。
こうした問題に対して、関心を持つだけでも立派な国際協力だと思います。私はこれからの生活で、どんなに小さな行動でも、世界の困っている人々の手助けにならないかを常に考える習慣がつきました。

僕的には 系でした

Original

M2

16.08.26 [Fri]

与えるのではなく、立ち上がる力を

TPAKさんで活動を始めてから、貴重なお話を聞く機会がグンと増えました。くまモンの育ての親からくまモンの秘密やプロモーション法を聞いたり、実際に戦争を体験された方に当時のことを聞いたり、、、とても印象に残っています。
また事務所のスタッフの方が今まで行ってきた活動のことや現地の様子など生の声を聴くことができます。TPAKさんで活動する方たちは、みなさんいろいろな経験をされているので、お話から学ぶことが多くとてもおもしろいです。
また、イベントで売るタイ・ミャンマー・インドからのフェアトレード品が、とても綺麗で可愛いので見るのが楽しいです。
活動を通して、国際協力に対する考えが変わりました。今まで国際協力というと、に現地に行くことのできない私はお金や物資の寄付をすることしかできないのだと思っていました。実際に今までも何度か、そのようなことをしてきました。
しかしそれは違いました。「与えるのではなく、立ち上がる力を」自立のための支援が何よりも大切なのだと気づきました。
「魚を釣ってあげるのではなく、釣り方を教える」このことが一番大切なんだと気づけたこと、そのために国内でも身近なことから始められるということを知れたことで、この活動に参加してよかったと感じました。このほかにも活動を通じて自分の知識・考えが広がったと思います。

私的には 系でした

Original

M

16.08.26 [Fri]

自分について考えるきっかけになった!?

フェアトレード品の整理、日本からの支援品の仕分けからPC仕事まで、たくさんの仕事に携わることができ、飽きることはありませんでした。
国際協力や国際情勢について、学ぶ機会が多くありました。普段の休憩の時間に話すだけでなく、映像をみてそれに関する意見を共有する勉強会も時々行われました。単に知識を頭に入れるだけでなく、豊かさとは何なのか、といった答えがない問いを考えることが多く、生き方そのものを問い直すことにもつながりました。
 将来国際機関等で働いてみたい、とたびたび発言していたら、スタッフの方からたくさん助言をいただけたのもよかったです。休憩時間に、ボランティアさん全員でお話しする機会が設けられていました。
普段関わることの少ない様々な年代の方と接することができたのはとても貴重で、これまでの人生経験についてお話を伺ったり、学生生活についての助言をしていただいたり、自分の将来について考えたりもしました。
人と話すことはとても苦手だったのですが、その苦手意識が少しだけ改善されたように思います。
将来携わりたいと思っている国際協力という分野について、もう一度一から考え直すきっかけを得ることができました。
上記のことを通じ、私は、今一度自分と向き合い直す時間が増えたように思います。

私的には 系でした

一日の流れ

Clock
11:00

集合、事務所の掃除

11:30

活動スタート

オフィスワークやイベントの準備

13:00

お昼

世界のことについてトーク♪

14:00

午後の活動スタート

販売用のカエルの楽器の磨き

16:15

国際協力勉強会&ティータイム

18:00

解散

Schedule allow

参加可能プラン

事務局ボランティア募集!!

毎週火・水・金・土曜日はボランティアデー!簡単な軽作業から、プロジェクトの運営まで様々なボランティアワークを行います。現在10~80代までの方が元気に活躍しています。横浜市の事務局でみなさん一緒にボランティアしましょう!参加お待ちしています。
詳しくはTPAKのHPまで!
http://www.tpak.org/

団体名: 認定NPO法人 地球市民ACTかながわ/TPAK
代表者: 近田真知子
所在地: 〒231-0821 中区本牧原3-1-203
ホームページ: http://www.tpak.org/
主な活動:

タイ、ミャンマー、インドの少数民族や農村部の貧しい子ども達に対して学校・寮建設や奨学金を始めとする教育支援や、健康な生活のための栄養・衛生キャンペーンを実施。また、女性の自立のためのプロジェクトを行っています。日本国内においては、国際理解講座や国際ボランティア育成のためのボランティア・インターン制度、海外派遣など、さらに東日本大震災の大津波により被災した2つの保育園の支援も行っています。

Entry off