Reporter

ふくふく Original

あかね Original

他の学童保育にはない体験ができる! 

大人と子どもがお互いに個人として認め合っている!

とにかく楽しい!! 

「特定非営利活動法人 きずなの会」さんのスパイスを体験しに行ってきました!

今回はオリジナルの保育理念で学童保育を行っている「つばさ子どもクラブ」さんの活動を体験してきました!!

つばさ子どもクラブさんは、AKO(あいさつ、かんしゃ、おもいやり)をモットーとし、子ども達に様々な体験を提供するとともに、集団生活を通して他と共存して生きていくスキルを育む学童保育です。

教員全員が保育士や社会福祉士などの有資格者なので、保護者の方も安心してお子様を預けられます。



9時20分、上大岡駅から徒歩5分ほどにある施設に集合。

あつまりの会で1日が始まります。

午前中は学年ごとに4つの活動に分かれ、私たちはアートチームと中遊びチームの活動に参加しました。


アートチームはアスファルトの上に絵を描く活動をしました。

車の通らない店舗前の広場のようなスペースに用意されている下書きの上に、カラフルな絵の具をのせていくことで可愛らしいイラストを完成させていきます。

色を付けていくことでイラストの全体像が見えてきて、子どもたちは楽しそうに活動を進めていました。

中遊びチームは10時40分から学年ごとに勉強する子、遊ぶ子に分かれて活動。遊ぶときは遊び、勉強する時はしっかり集中していて、驚きました。

皆が帰ってきたら、お昼ご飯!!

この日は麻婆豆腐で、とても美味しかったです!



午後は低学年の子たちと中遊びをしました。ゲームは、頭を使うものばかり。子どもたちは普段こんなに難しい遊びをしているのかと驚きました。

最後に先生に、活動で大切にしていることなどを伺いました。そこから、ただ子どもたちと遊ぶのではなく、常に全体を見ること、しっかりと伝えること、大人が制限しすぎないことが大切だと学びました。つばさ子どもクラブは、子どもたち一人一人が自分で考える力を養うことにより、全員が互い認め合い、輝ける場所になるのだと感じました。

  • 2
    Reputation 00
  • 2
    Reputation 01
  • 3
    Reputation 02

レポーターの声

Original

ふくふく

16.08.19 [Fri]

楽しいだけでなく、自分の生活を見直すこともできる一日

つばさ子どもクラブに行けてよかったです!!それは子どもたちと遊べるからというだけでなく、普段の自分に気が付けるからです。子どもたちは私たちの行動をよく見て、人を見極めているように感じました。そのため、普段何気なく使う言葉も、「子どもたちの前では丁寧な言葉を使わなくては・・・」と意識して行動しました。けれど時々癖が出てしまったので、今後は普段から気を付けて行動しよう!と思います(笑)
帰り際、先生方にインタビューをさせていただき、普段子どもたちと接する中で、大切にしていることなどを伺いました。その中で特に印象に残っていることは、ただ遊ぶのではなく、“大切なことはしっかりと伝えること”、“常に全体を見ること”、“大人が制限しすぎないこと”が大切!ということです。1日体験してみると、これらを常に意識することの難しさが分かり、先生方の凄さを感じました!
私が今回体験に参加した理由は、子どもたちと一緒に遊びたい!という思いからでした。実際に体験してみると、子どもたちと過ごすのが楽しいというだけでなく、普段意識しないことに気が付ける!そんな充実した一日となりました。

わたし的には 系でした

Original

あかね

16.08.19 [Fri]

みんなが気持ちよく過ごすために

学童クラブでのボランティアをしたことがなかった私はどのように子どもたちの輪に入っていくべきか考えていましたが、朝のあつまりで自己紹介をする前から「名前はなんて言うの?」「何年生?」と話しかけてくれる子が多く、小学生にリードされて活動を始めることができました。
時間が経つにつれて私が子どもたちから感じたのは、当たり前のことを当たり前にやるという気持ちです。“お椀を受け取るときにお礼を言う”“友達がおもちゃを落としてしまったら一緒に拾う”など一つ一つは小さなアクションですが、集団で過ごしていく中では大切な心がけです。初めは子どもたちの面倒をみているつもりでしたが、日常の中で忘れてしまいがちな心がけを見せてもらったことで、私の方が教えられることばかりでした。
そしてそれはもちろん子どもたちだけではありません。先生方が一丸となって良い雰囲気を作り上げ、素敵な背中を見せることによって、子どもたちは自然とそれを追いかけて姿勢を学んでいるように思えました。
つばさ学童クラブでの一日は、集団生活の中で身をもって他人に対する思いやりを学べる活動でした。

わたし的には 系でした

一日の流れ

Clock
9:00

集合

9:20

あつまり(朝の会)

1日の流れの説明と挨拶

9:35

遊び/勉強

学年ごとに外遊び、中遊び、勉強、アート体験に分かれる

12:00

昼食

12:30

室内遊び

16:15

解散

Schedule allow

参加可能プラン

子どもの付き添いボランティア

半日しっかりボランティア(14:30 ~ 20:00) 月〜金曜日
短時間のボランティア:プレイタイム(14:30 ~ 17:00)  月〜金曜日
短時間のボランティア:スタディタイム(17:00 ~ 20:00)  月〜金曜日

事前に電話もしくは、HPから気軽にお問い合わせください。
そのあと1回学童にて面接があります。

団体名: 特定非営利活動法人 きずなの会
代表者: 大井 正男
所在地: 横浜市港南区大久保1-15-20
ホームページ: http://npokizuna2014.wixsite.com/2014
主な活動:

子どもたちの支援

Entry off