Reporter

りなぴ Original

ももすけ Original

ボランティアの運営を半日で体験!

0~2歳の子どもたちと触れ合える

小さな子どもとの接し方を学べる

「NPO法人横浜市民アクト」さんのスパイスを体験しに行ってきました!

今回は平日の午前中いっぱいをかけて、横浜市の施設で開催された親子向けの企画「親子水遊び活動」をお手伝い。

特に事前準備はしなくて大丈夫ということだったので、ワクワクした気持ちだけを持って集合場所へ向かいました。

10時前にJR磯子駅に集合し、そこから歩いて5分ほどで会場となる横浜市社会教育コーナーに到着。到着したらすぐに子ども達が遊ぶためにお湯を運ぶお手伝いをしました。

「水遊び」がメインなのですが、その日は少し肌寒い日だったので即席「ミニ温泉」を作りました。



11時前になると、少しずつお母さんと子ども達がやってきました。

参加する子ども達は0〜2歳の子なので、「早く遊びたくて仕方ない!」という子もいれば、自宅のお風呂と違いなれない場所や少しぬるいお水にびっくりして泣いている子もいました。



最初はびっくりして泣いてしまった子も、いきなりプールに入るのではなく、まずは触ってみたり遊んでみたりしているうちに、気づいたら楽しんでいる様子も見たりすることができました。

私たちはその中で、子ども達がもっと楽しめるように一緒におもちゃを見つけたり、水に慣れるお手伝いをしたりしました。

水遊び自体は40分ほどで終わり、「短いかな」と感じたのですが、子ども達は水に浸かって遊んでいるだけでも気づかないうちに脱水症状になってしまうこともあるので、適度な休憩が大切なんだそうです。



子ども達が帰ったあとは、使ったおもちゃを片付けて、元に戻すお手伝いをしてその日の活動を終えました。


ビニールプールや大型の角たらいは地域子育て拠点の持ち物。

8月にはこの場所で子育て拠点が「みずあそび」を実施、その際にはビルの中に拠点があるため場所と道具を貸し合って連携事業をするそうです。

このような連携事業は、他にはない珍しい活動だということなので、他の地域にも広がっていくといいなと思いました!

  • 4
    Reputation 00
  • 5
    Reputation 01
  • 5
    Reputation 02

レポーターの声

Original

りなぴ

16.09.13 [Tue]

成長と支え合いの場所

普段子どもたちと接する機会もあまりなく、特に赤ちゃんは小学生のときに妹のお世話をして以来で、どうやって接してあげたらいいのかな・・・と始まる前は少し不安でした。
しかし、水遊びがスタートすると、わたしにおもちゃを差し出してくれる子もいれば、あそぼうよ~と言わんばかりにこちらへ水をかけてくれる子もいました。考えるより行動とはまさにこのことで、触れ合っていく中で次第に距離感がつかめていくものなのだな~と思いましたし、だんだん楽しくなって最初の不安はどこへやら。そして、子どもたちの距離を縮めるスピードや、水に次第に慣れて成長する姿に終始びっくりでした。
また、水遊びをしている子どもたちのそばでは、お母さんたちが子育てのことはもちろん様々なお話をしていて、子育て1年目の方からベテランの方までいらっしゃいました。このような場所がお母さんたちの情報共有や相談のできる、支え合いの場になっているのを感じることができました。若いお母さんにこそ、こういった場所が必要になってくるだろうし、これからも大切にしなくてはいけない場所だと思いました。

わたし的には 系でした

Original

ももすけ

16.09.13 [Tue]

親も子もスタッフも・・・地域の繋がる場所

自分自身にも1歳半になる姪がいるので、姪と遊ぶようなつもりで当日参加しました。
0〜2歳の子の成長はそれぞれで、自分から積極的に水のほうに行く子もいれば、お母さんに抱っこされて足を水につけただけでも泣いてしまう子もいました。
最初は水を手で触ってみて、それに慣れたら足で感覚を確かめて、それも大丈夫だったら水の中で座ってみる。という、ひとつひとつの流れが微笑ましかったです。
水遊びの主役は子ども達ですが、それを見守っているお母さん同士が交流していたり、社教コーナーのスタッフの方と子どものことについて話す姿をみて、お母さん1人じゃなくてみんなでみんなの子どもを見守っている空間がとても温かかったです。
2人のお子さんがいる方はどうしても2人一緒に見ていられないときもありますが、そんなときは別のお母さんが見てくれていたり、スタッフの方がお世話をしている関係性がとても良かったです。
1人ではプールに連れていけないけど、ここに来ればお母さんも子ども達も安心して楽しむことができる、そんな場所に社教コーナーがなっているのだと思います。自分がお母さんになった時も、近くにこんな場所があったら嬉しいです。

わたし的には 系でした

一日の流れ

Clock
10:00

社会教育コーナー到着

10:10

プール設営

ビニールプールや大型の角たらいは、地域子育て拠点「いそピヨ」さんの持ち物。社協の

10:45

受付開始

11:00

水遊び開始

自宅のお風呂と違い、なれない場所や少しぬるいお水にびっくりして泣いている子もいま

11:40

水遊び終了・片づけ開始

12:30

片づけ終了・解散

Schedule allow

参加可能プラン

コミュニティづくりのイベントボランティア

読み聞かせや工作から体を動かす遊びまで、
幅広い遊びの空間を子どもたちに提供しています!
(定期開催のイベント)
 ・親子の広場:毎月最終月曜日
 ・ママフィットネス:毎月第3火曜日
 ・おはなしの国お話し会

今後のイベント情報はこちらから↓
お問い合わせフォームからご連絡ください!
http://www.yse-yokohama.com/event/idxRecom.php

団体名: NPO法人横浜市民アクト
代表者: 福島 伸枝
所在地: 〒235-0016 横浜市磯子区磯子3-6-1-1 (横浜市社会教育コーナー内)
ホームページ: http://ys-act.sakura.ne.jp
主な活動:

・横浜市社会教育コーナーの管理運営
・学校/地域コーディネーター養成講座の受託運営
・生涯学習関連職員への支援  など

Entry off